イメージ

3mix-MP法

東京のインプラントで、何でも噛める

大田区の歯科でも受けることのできる虫歯の治療法の一つに3mix-MP法というものがある。
この方法は3種類の抗生物質と抗菌剤を混ぜたものを虫歯の幹部に詰めて虫歯菌を殺すという治療法です。
歯を削る範囲が少なかったり、神経を抜かなくても良い場合があったりと、痛みを抑えることができるかもしれないという利点があります。
しかしこの方法を使うと、詰め物やクラウンなどの保険が適用できなくなったりする場合もあるためあらかじめ確認しておく必要がある。
この方法は行っている歯科医院が少ないといった点も特徴である。

オゾン治療


大きな地図で見る

大田区の歯科でも受けることのできる最新の虫歯治療法の一つに、オゾン治療というものがあります。
最新の治療であるがゆえに、まだ一般に普及はしていませんが、全く痛みを伴わない虫歯治療として有名になりつつあります。
オゾンを使って、虫歯菌を殺し、歯の再石灰化を促すといった方法です。
歯もあまり削らず、薬剤も使わないためかなり安心な治療法です。
ヒールオゾン装置を虫歯にかぶせ、オゾンを当て治療します。
その後フッ素を使用して、再石灰化を促し、虫歯の再発を防ぎます。

大田区で歯科医院を探す場合、その医院が度の虫歯治療を行っているのか調べる前段階として、自分の虫歯はどの段階なのかを理解する必要があるかもしれません。
虫歯は、その進行度合いから大きく5つに分けることができます。
軽度な方から自覚症状のないC0,C1、象牙質まで虫歯菌が侵入した状態のC2,このころになると、冷たい水や、風邪などがしみてくるようになります。
歯髄まで最近が侵入した虫歯の後期の状態がC3、歯の根だけが残るC4の状態、そして最終的には、根尖病巣と呼ばれる神経が死んでしまった状態になってしまいます。
ここまでほおっておくのも大変危険ですが、自分の虫歯がどの段階なのかを理解して、適切な治療を受けることが大切です。

サイト更新情報

2013.3.27
サイトUPしました。